2002年9月4日

お心ある苦言

Filed under: 女将の綴り箱 — 管理者 @ 10:30 AM

長い夏休みも終り、お子様達ちはいよいよ2学期が始まり、今お母さま方は少しホッとしているところではないでしょうか。

当館山の湯においても、この夏、御家族様や、あらゆる数多くのお客様にお越し頂きました事、心より感謝申し上げます。

お受けする側であるわたくし共においては、お越し頂いた全てのお客様に100パーセント喜んでお帰りいただく事が使命でございます。が、私共の努力不足の為、ハード面においても、ソフト面においてもまだまだ充分お客様にご満足していただけるものでは無く、気づかぬところでお客様に、多大なご迷惑をお掛けいたしてるのではないかと思っております。

このような山の湯をこよなく愛してくださるお客様より、”もっと良いお宿にしていただくために一言”とメールでご意見をお聞かせ頂く事がございます。

山の湯が、あらゆる面で、お客様により高い評価をしていただける様、お帰りの際、心地よい満足感を感じてお帰りいただける様、その為にもお客様からのお心ある苦言を呈して頂けると言う事は、なによりのお言葉とお受けし、ご期待に添う様、前向きに対処いたしてまいりたいと思っております。

”良いお宿を目指して頑張って下さい。”

との山の湯を応援してくださるお言葉を裏切る事のない、どんな時でも変わる事のないサービスが提供できるお宿でありたいと、日々努力致してまいる気持ちでございます。今後とも、山の湯をより良く育てていただく為にも、お客様のお力(苦言、励まし)をおかし下さいませ。

ご縁がございましたお客様全ての方々に、ただ々感謝のみでございます。本当に有り難うございます。

これから秋のシーズンにはいります。心新たにお客様をお待ち申し上げております。

 

多彩なお風呂と四季の季節感あふれる宿、宝泉寺温泉 季の郷 山の湯

Copyright © 2010- Yamanoyu-k. All Rights Reserved.
Powered by INA.