2002年5月2日

おかえりなさい  季の郷へ ~ おかみの思い ~

Filed under: 女将の綴り箱 — 管理者 @ 9:00 AM

はじめまして,当館の女将でございます。

これまでの私とお客様との親しいつながりは、山の湯にお越しいただいたお客様に限られておりましたが、新しく”女将の綴り箱”なるスペースをいただきましたので、これからは多くの皆様と沢山の出会い交流が出来るのを今からとても楽しみに致しております。

私自身の事も折に触れ少しづつお話させていただこうと思っておりますが、女将としての私はまだまだ勉強不足でございます。
是非々皆様の知りうる知識を私にどうぞお聞かせくださいませ。

そして、今の山の湯をご存知のお客様にも、お客様への接客態度や気配り、お料理など当館のおもてなしについて忌憚のないご意見を伺えれば幸いでございます。
お客様からのお褒めのお言葉は励みになりますしお叱りのお言葉はこれからの努力につながります。よろしくお願い致します。

私ども宝泉寺温泉は,山間の小さな温泉地ございますが、お越し頂いたお客様にどうしたら日頃のお疲れを癒していただけるか、どのくらい御寛ぎいただける空間を作って差し上げられるか、どうしたらあたたかな心をお持ち帰りいただけるのかを常に考えて行くのが、私共の勤めだと思って従業員共々日々頑張っております。

知り合えたご縁を大切にし,いつの日か又”ただいま”と言ってお越しいただける様,山の湯がお客様の心のよりどころの一つにしていただける様、お待ちする私共もいつも変わることなく”おかえりなさい ようこそ”のお迎えする気持ちを持ち続けたいと思っております。

 

多彩なお風呂と四季の季節感あふれる宿、宝泉寺温泉 季の郷 山の湯

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright © 2010- Yamanoyu-k. All Rights Reserved.
Powered by INA.